ご予約

本院


京都コンタクトレンズについて

創立者 中野信夫は、京都におけるコンタクトレンズ普及のパイオニアであり、創生期のコンタクトレンズ普及に臨床医としても深く関わりました。メーカーが提供するレンズを実際に処方し、その評価に基づいて製品開発に役立つ提言を積極的に行い、常に患者さんの安全を最優先してきました。
 

当時流行していた結膜炎の感染を防ぐためにコンタクトレンズ専用診察室を整え、患者さんの生の声にも謙虚に耳を傾けてきました。診察時のみならず全員にアンケート調査を行い、快適に装用できるように常に処方改善を行っています。さらに、当時はオーダーメイドで発注から入手までに時間がかかっていましたが、ユニークな在庫表を作り即日渡しを実現しました。


こうして京都でも、コンタクトレンズは特殊な角膜異常の患者さんだけではなく、近視の方々にも広く普及してきました。この実績と信頼が「コンタクトレンズの中野さん」「京都コンタクトレンズ」として親しまれています。

会社概要

会社名 株式会社京都コンタクトレンズ
代表者名 代表取締役 山田亮三
所在地 〒604-8404 京都市中京区聚楽廻東町2番地 視力センタービル地階
電話番号 075-841-5587
設立 1956年(昭和31)1月
資本金 1,000万円
事業内容 コンタクトレンズ・ケア用品等の仕入れ、及び販売
沿革 時代に先駆けてコンタクトレンズに注目、研究していた中野眼科院長・中野信夫(医博)が、1956年(昭和31)1月、有限会社京都コンタクトレンズを創設。京都においてコンタクトレンズの普及の先鞭をつける。
1990年(平成2)2月に会社組織を改組、京都医療生活協同組合100%出資の株式会社京都コンタクトレンズとなる。
理念 「コンタクトレンズは眼科専門医の処方と管理のもとに」という立場から「ユーザーのために一番良いコンタクトレンズを」というポリシーを堅持している。
方針 3つのSを営業方針としている。
(1)安全 SAFELY、(2)誠実 SINCERELY、(3)快適 SUITABLY。
認可 高度管理医療機器等販売業許可番号 第90314号

診療所のご案内

ナカノ眼科での眼科専門医の検査・処方に基づいてコンタクトレンズを提供しています。
コンタクトレンズの研究と処方では60年の実績があります。
万全の眼科診療体制とアフターケアで、皆様の快適なコンタクトライフをサポートします。




gototop